スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EXILE・ATSUSHIがソロデビュー 自ら作詞作曲の楽曲「いつかきっと…」で

今までソロでの楽曲発表がなかったのが不思議!?
待ちに待ったソロデビューが決定した。


EXILEのATSUSHI(31)が、初めてソロ名義で楽曲を発表することが28日、分かった。自ら作詞作曲を手掛けた「いつかきっと…」で、7月スタートのテレビ朝日ドラマ「陽はまた昇る」(木曜午後9時)の主題歌に決定した。EXILEとしてデビューして10年。曲の発売は未定だが、グループ活動と並行し、「ソロデビュー」することになった。

(日刊スポーツ6月29日)



$気になるあの言葉・あのニュース!大辞典-ATSUSHI

ATSUSHIが「EXILE ATSUSHI」の名義で初めて楽曲を発表する。EXILEのメンバーは、グループ活動を軸に俳優や司会に挑戦するなど、ソロでの活動も積極的に行っている。ATSUSHIもグループ活動と並行して、ドキュメンタリー番組のナレーションや、番組企画でのソロライブに挑んできた。デビュー10年を迎えた今回、自身が最も大切にしている「歌」で勝負することが決定した。


テレビ朝日ではATSUSHIがソロ楽曲を発表する計画を聞き、いち早く「陽はまた昇る」の主題歌の書き下ろしを依頼した。ATSUSHIは脚本を読んだ上で作詞、作曲を手掛け、希望への決意を込めたバラードを完成させた。配信やCD発売は未定だが、ドラマ主題歌での「ソロデビュー」となる。


ATSUSHI 今の時代に自分が何を感じ、どんな希望をもって生きていくのかという意思表示と、決意の曲でもあります。こんな時代だからこそ、今ありのままの自分を見つめ直し、そして素直に自分自身を受け入れ、そして『いつかきっと』、そのすべての答えが見つけ出せる、希望の曲になっています。


ドラマは俳優佐藤浩市(50)と三浦春馬(21)の共演で、警察学校を舞台に教官と訓練生のぶつかり合いと成長を描く。同局の黒田徹也プロデューサーは「訓練に耐え一人前になっていく学生たちがATSUSHIさんの男くささと優しさあふれる歌声で包み込まれていくのが想像できました」と曲を依頼した経緯を説明。さらに「完成した曲を聴いて本当に感動しました。ATSUSHIさんの『いつかきっと…』に、ドラマの中で出会ってみてください」とコメントしている。





願いの塔(AL2枚組+DVD2枚組)
amazon.co.jp
今年、AKBに次いで売れているアルバムです。

Comments


Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。