スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嵐先生の“特別授業”に3日間で22万5000人の生徒 嵐のワクワク学校

人気グループ、嵐が26日、東京ドームで東日本大震災の被災者支援チャリティーイベント「嵐のワクワク学校」を開催した。

5人が順番に“先生”となり、普段見落としがちな大事なことを講義する異色企画。大野智(30)は4万5000人の“生徒”に「きょうはたくさんの大切なことに気付いてください」と呼びかけた。24日から3日間で22万5000人を動員し、約2億円が義援金として寄付される。

(サンケイスポーツ6月27日)



嵐の5人が先生となり、東京ドームというドデカイ“教室”で笑いあり、涙あり、そしてためになる授業を展開した。


同所ではもともと24~26日に全国ツアーの東京公演が予定されていたが、震災による電力事情を考慮してコンサートを取りやめイベントに変更。通常2000キロワットの使用電力を830キロワットに節電して開催したのが「嵐のワクワク学校」だ。
5人が授業で訴えたのは、いまの日本を考える上で大事なこと。


二宮和也(28)は、心臓を中心に体の仕組みに迫った授業を展開。毎日7トンもの血液が10万キロに及ぶ体内の血管を駆けめぐっていることを講義し、“生きる”ことの意味に迫った。


電気やエネルギーについて考えた松本潤(27)の授業では、メンバー全員で自転車を使った自家発電に挑戦。5人汗だくになってためた電気が、ドライヤーをわずか8秒しか動かせないことを実験し、松本は「みんなが電気の大切さに改めて気付いてくれたら」と訴えた。


壇上で料理の腕前を披露した相葉雅紀(28)は、食糧がどのようにして消費者に届くのかを講義し、日本の残飯量の多さを指摘して「食糧不足を解消する方法は、ご飯を残さずに食べることなんです」と説明。


櫻井翔(29)は、「パチパチの授業」と題し、褒めることの意味を考える授業を展開。出会いの奇跡について考えた大野は、「人と人が繋がる最大の“装置”は言葉です。みなさん、大切な人に『ありがとう』をたくさん伝えましょう」と講義した。



マツジュン先生のドライヤーに使う電気量を身を持って教えたのは、若い女性が中心の嵐ファンにとっては驚きだったのではないでしょうか。


こういった企画も成立させてしまう嵐。
人気があるだけではなく実力もあることを改めて証明したライブとなった。


Comments


Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。