スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【社会】大阪市営地下鉄、40mオーバーラン 運転士「眠気を覚えた」

26日午前6時ごろ、大阪市東成区の市営地下鉄中央線緑橋駅で、コスモスクエア発学研奈良登美ケ丘行き電車(6両編成)が、停止位置を約40メートル過ぎて止まった。
乗客約30人にけがはなく、電車は停止位置に戻って6分遅れで出発した。

(朝日新聞6月27日)



市交通局によると、運転士(43)が駅に近づいてもブレーキをかけなかったため、車掌が非常ブレーキで停止させた。運転士は「眠気を覚えた。電車が止まって意識が戻った」と話しているという。運転士は宿直明けで、26日午前2時ごろに就寝し、約2時間後の午前4時過ぎに起床。この電車が最初の運転だった。
市営地下鉄では2008年以降、20メートル以上のオーバーランが9件あるという。


Comments


Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。