スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【テニス】20歳土居美咲、リシキに敗れ3回戦敗退 16強入りならず/ウィンブルドン

20歳土居美咲、リシキに敗れ3回戦敗退 16強入りならず/ウィンブルドン 画像テニスのウィンブルドン選手権第6日は25日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、女子シングルス3回戦で20歳の土居美咲(ミキハウス)はザビーネ・リシキ(ドイツ)に4-6、2-6で敗れた。

四大大会のシングルスの日本女子で2006年の杉山愛以来の16強入りはならなかった。

(共同)



2004年大会覇者で第5シードのマリア・シャラポワ(ロシア)はクララ・ザコパロバ(チェコ)に6-2、6-3で勝って4回戦進出。第1シードのキャロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)、男子シングルスの第1シード、ラファエル・ナダル(スペイン)もストレート勝ちで3回戦を突破した。


女子ダブルス1回戦の青山修子(近藤乳業)藤原里華(北日本物産)組はイタリアのペアに6-3、2-6、3-6で敗れた。



相手のザビーネ・リシキは世界ランク62位ながら2年前に8強入りした強敵。
同ランク133位ながら土居は健闘した大会だった。
“シンデレラガール”として名前を高めた土居のこれからの活躍が期待される。





Comments


Trackbacks

 日本人テニスプレーヤーがこのウィンブルドン選手権を制覇するのは至難の業であるが、グランドスラム4大会中最も古い歴史を持ち、唯一芝生のコートで行われる伝統と格式に培われた名誉あるこの大会にその名を刻み
Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。