スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【社会】マンションに韓国籍母娘の遺体 多数の刺し傷

24日午後9時10分ごろ、大阪市平野区のマンションに住む韓国籍の無職、金玉香さん(61)方で、帰宅した長女(28)が「台所で妹らしき女性が血だらけで倒れていた」と近くの交番に届けた。警察官が駆け付けたところ、2人の遺体が見つかった。

大阪府警によると、2人は金さんと次女で派遣社員の裕美さん(27)。いずれの遺体にも多数の刺し傷と切り傷があり、凶器が見つかっていないことから、府警は殺人事件として捜査している。

(共同)



府警によると、長女が24日午前8時ごろに仕事に出掛けた際には金さんも裕美さんも無事だったといい、府警はこの時間以降に殺害されたとみている。金さんは和室、裕美さんは台所で倒れていた。室内を物色したような跡はなく、2人とも普段着姿で着衣の乱れもなかった。


府警は、母娘の交友関係を中心に不審人物の出入りがなかったかを調べるとともに、午後に司法解剖して死因の特定を進める。


府警によると、母娘は3人暮らし。裕美さんはこの日は仕事が休みだった。


現場はJR平野駅から約1・5キロのマンションなどが立ち並ぶ地域。遺体が見つかったマンションは7階建てで、オートロックはなく自由に人が出入りできる。25日朝もマンションは立ち入りが規制され、付近住民らが不安そうに捜査員の出入りを見ていた。


Comments


Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。