スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【社会】登校の列に車 6人死亡

18日午前7時40分ごろ、栃木県鹿沼市樅山(もみやま)町の国道293号で、クレーン車(12トン)が、登校中の市立押原小の児童の列に突っ込んだ。県警や消防によると、4年~6年の男女6人が事故に巻き込まれ、6人全員が死亡。

(朝日新聞2011年4月18日)



県警は、自動車運転過失傷害の疑いでクレーン車を運転していた栃木県日光市大沢町、運転手柴田将人容疑者(26)を現行犯逮捕した。同致死傷容疑に切り替えて調べる方針。


柴田容疑者は鹿沼市樅山町にある小太刀重機の従業員。同社によると、市内の工事現場に向かう途中だったという。県警によると、飲酒や薬物使用の形跡はなく、事故後はショックを受けた様子だったという。


自転車で散歩中に、事故が起きた瞬間を見ていたという男性(54)は「運転者がハンドルを抱き抱えるように突っ伏した状態で、クレーン車が縁石を乗り越えていった」と話した。


Comments


Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。