スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【社会】東電、2段階の工程表

深刻な放射能漏れを起こしている福島第一原子力発電所について、東京電力は17日、事故収束への工程表を示し、原子炉を安全な状態で停止するのに6~9ヵ月かかる、との見通しを明らかにした。東電が事故の収束の見通しを示したのは初めて。
また工程表の中で、2号機の格納容器の破損や、4号機の燃料プールを支える建家の壁損傷による強度不足などを認めた。

(朝日新聞4月18日)



工程表によると、第1段階(ステップ1)で、確実に原子炉を冷却し、放射性物質の放出を減少に向かわせるのに3ヵ月程度かかる、とした。
第2段階(ステップ2)では、原子炉を100度未満の安定状態に保つ「冷温停止」にし、放射性物質の漏出を大幅に抑えるのに3~6ヵ月程度かかる、との目標を示した。


勝俣恒久会長は「計画は100%できるというものではない。とにかくやれることから行い、原子炉の冷却を達成したい」と話した。


Comments


Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。