スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【社会】アスベスト被害で自殺、妻が提訴へ 国とメーカーに賠償求め

建設現場の内装作業でアスベスト(石綿)を吸い込んで健康被害を受け、その後自殺した男性=当時(67)=の妻(64)=大阪府=が国と建材メーカー44社に計3850万円の損害賠償を求め、7月中旬にも大阪地裁に提訴することが18日、弁護団への取材で分かった。

弁護団によると、石綿被害による自殺者の遺族が提訴するのは異例。男性はいわゆる「一人親方」で、弁護団は「組合など横のつながりがなく、被害実態は表に出にくい」と指摘する。

(東京新聞6月19日)



男性は1962年ごろから内装に従事。石綿肺を患い2009年に自殺した。労災補償は認められなかったが、石綿健康被害救済法による給付を受けている。


妻側は、国は60年代半ばまでに石綿が肺がんなどを発症させるとの医学的知見が確立していたのに十分な対策を取らず石綿の使用を推進。メーカーも製造、販売を続けたと主張している。


妻のほか、別の建設現場で働き健康被害を受けた労働者や遺族ら十数人も同時に提訴する。


弁護団によると、同様の訴訟は東京や京都などの地裁で係争中。


Comments


Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。