スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【社会】セガ、英子会社の「セガパス」サービスから129万人分情報流出

ゲームソフト大手のセガは19日、英国子会社のセガヨーロッパが運営するインターネット上の顧客サービス「セガパス」が外部から不正侵入を受け、約129万人分の個人情報が流出したと発表した。

(朝日新聞6月19日)



同サービスは、登録した会員に新製品の情報を提供するもの。流出したのは、会員の氏名、生年月日、電子メールアドレス、暗号化されたパスワード。クレジットカードの情報は含まれていないという。


17日に流出が発覚し、すぐにサービスを停止。会員にはすでに謝罪のメールを送信している。


Comments


Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。