スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【社会】放射能汚染水浄化装置が稼働 トラブル続発に試運転を短縮

東京電力は17日夜、福島第一原子力発電所内に大量にたまった高濃度の放射能汚染水を浄化する装置の稼働を始めた。
浄化した水を再び原子炉内に戻し、燃料を安定して冷却する「循環注水冷却」に欠かせない装置。だが、浄化装置は試運転で相次いでトラブルを起こしており、稼働後も運転が順調に続くかどうかは未知数だ。

(朝日新聞6月18日)



東電は18日にも、循環注水冷却を始めるとしている。循環注水冷却が動き出せば、事故収束の工程表で示した「安定的な冷却」を7月中旬までに行うという目標を期限通り達成できるとしている。


原子炉の安定した冷却の実現と、外から原子炉に注水することで増え続けている放射能汚染水の処理は現在、事故を収束させるための最大の課題だ。循環注水冷却は、タービン建屋などにたまった高濃度の放射能汚染水を利用して、原子炉の燃料を冷やす仕組み。東電は、この仕組みが動くと両方解決できるとしている。


Comments


Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。