スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【経済】食品大手のカゴメ、役員報酬1億円未満でも開示 代表取締役3人

大手食品メーカーのカゴメ(名古屋市)は16日の株主総会で、西秀訓(ひでのり)社長など代表取締役3人の2010年度の役員報酬額を開示した。
国が昨年から上場企業に開示を義務づけた「1億円以上」ではないが、自主的に公表した。西社長の報酬額は7900万円。喜岡浩二会長が7500万円、大嶽節洋副社長が5700万円だった。株主への情報開示の充実で、報酬1億円未満でも役員報酬を開示する企業は増えている。

(朝日新聞6月17日)



同じ役員報酬では、現状に対する認識の甘さで東京電力は叩きに叩かれた。
その点、カゴメの“認識”というのは素晴らしいものがありますね。
お願いされてもいないのに自らの腹の中を見せる。
その透明性があってこそ、消費者が信頼できる企業ではないでしょうか。





こういう企業が得をする社会であってほしいですね。
お中元ギフトはカゴメを贈りませんか?



Comments


Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。