スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【社会】東北芸工大と京都造形大 来春に法人統合

山形市の東北芸術工科大学(根岸吉太郎学長)を運営する学校法人東北芸術工科大学と、京都市の京都造形芸術大学(千住博学長)を運営する学校法人瓜生山学園は16日、来年4月に法人を統合すると発表した。

(朝日新聞6月17日)



統合後の法人名は「学校法人芸術学舎」。両大学の組織に変更はないが、大学院生などを含む学生数は計1万人を超す見込みで、芸術系大学の学校法人としては国内最多になるという。


両法人の理事長はいずれも徳山詳直氏で、両校は姉妹校として提携している。統合後は教員の相互派遣や単位交換なども検討する。この日会見した東北芸術工科大の根岸学長は「大学組織は維持しつつ、さらに連帯を強化し、財務基盤を大きくすることで互いに積極的な投資ができるようになる」と統合の利点を説明した。文科省から法人統合の認可を受けて来年4月1日に統合する予定。


Comments


Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。