スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロバートが優勝!キングオブコント2011 結果

23日、プロアマ問わずコント日本一を競う「キングオブコント2011」の決勝戦が行われ、ロバートがエントリー総数3026組の頂点に輝いた。



ロバートが優勝!キングオブコント2011 結果

大会前のネタ順抽選会では、ロバート秋山が「優勝しなかったら、(メンバーの山本博を)マジで切ろうかな」とネタ半分で言う場面も。
それに対して山本は「分裂したくないから、絶対優勝!」と意気込んでいた。


フタを開けてみると、ロバートはバツグンの安定感を見せてくれた。
1stステージをトップで折り返し、2ndステージでも圧巻の高得点。
全組みのネタ2本の点数を見ても誰もロバートには届かなかった。


トロフィーを手にした秋山竜次は「2008年から悔しい思いをしたので本当に嬉しいです」と満面の笑みを浮かべた。



今までの優勝芸人とは違い、レギュラー番組もあり全国区の知名度のあるコンビが優勝したことで、これからの仕事にどう影響するのかを見るのも楽しみだ。



なお、今大会の得点・順位は以下の通り。
(得点は左が1本目、右が2本目の得点)

優勝…ロバート 1876点(942点・934点)
2位…2700 1809点(884点・925点)
3位…モンスターエンジン 1762点(843点・919点)
4位…インパルス 1696点(815点・881点)
5位…鬼ヶ島 1679点(874点・805点)
6位…TKO 1634点(757点・877点)
7位…ラブレターズ 1588点(790点・798点)
8位…トップリード 1515点(750点・765点)





ロバートLIVE!DVD 2005
¥1,050
Amazon.co.jp

スポンサーサイト

東方神起、同日発売雑誌でW表紙に 出版業界のタブーを初めて破る!「JJ」と「Ray」

韓国の人気グループ・東方神起が、9月23日発売の11月号で女性ファッション誌『JJ』(光文社)と『Ray』(主婦の友社)でダブル表紙を飾ることが決定した。

k980_touhou_shinki

同日発売の雑誌の表紙を同じモデルが飾るのは、出版業界ではタブーとされており、今回が初の試み。両誌の表紙を男性2人組が飾るのも初めてのこと。

(ORICON STYLE 9月21日)



『JJ』編集長の篠原氏は「『JJ』の表紙では、男性2人組、しかも黒バックと異例づくし。ここまでハードなイメージで表紙を作ったことは記憶にありません。中ページではポスターのほかに、眼鏡をつけて2人の写真が3Dで飛び出す工夫も。手を差し伸べるポーズでは、実際に触れられるくらいの迫力になりました」と女性誌では珍しいハードでクールなイメージとなっている。表紙と中ページともにフォトグラファーの蜷川実花が手がけ、どこか妖しく、情熱を秘めた2人の魅力を最大限に引き出している。


一方『Ray』編集長の藤村氏は「2人の息がぴったり合っていて、どの写真も素敵。選ぶのに悩みました」と白をベースにした表紙では、ナチュラルな東方神起の姿を見ることができる。


なお、東方神起は、9月28日にアルバム『TONE』を発売する。





【特典ポスター無】TONE(DVD付)(ジャケットA)
2011年9月28日発売
予約受付中

Amazon.co.jp


【特典ポスター無】TONE(DVD付)(ジャケットB)
2011年9月28日発売
予約受付中

Amazon.co.jp

あっちゃん脱落、こじはる死守… 小嶋陽菜が選抜16人入り AKB48じゃんけん大会結果

見るからに運がありそうなこじはること、小嶋陽菜。
今回も選抜入りしたことで、デビュー以来の総て選抜入りしているのは小嶋陽菜だけになった。


人気アイドルグループ・AKB48が20日、東京・日本武道館で24thシングル(12月発売)を歌う16人のメンバーを決める『第2回じゃんけん大会』を行い、選抜16人が決定した。

エースの前田敦子(前回15位)が初戦で秋元才加に敗れ、インディーズデビュー曲「桜の花びらたち」(2006年2月発売)以来のシングル選抜連続記録が「24」でストップ。24thシングルはAKB48初の前田不在のシングルとなることが決まった。

(ORICON STYLE 9月20日)



k979_kojima_haruna

一方、同記録を持つもう一人の初期メンバー・小嶋陽菜(前回3位)は、初戦最大の見どころとして注目を集めた同期で同じ派生ユニット・ノースリーブスに所属する高橋みなみとの初期メンバー対決であっさり勝利。続く3回戦も高城亜樹相手になんなく勝ち抜け、選抜入りを決めた。前回覇者の内田眞由美は初戦で指原莉乃に敗れ、連覇を逃した。


同イベントには、AKB48の正規メンバー56人のほか、予備選を勝ち抜いた姉妹グループのSKE48、NMB48のメンバーが初参戦し、総勢68人が出場。このあと1~16位の順位もじゃんけんで決定し、1位のメンバーが24thシングルのセンターに立つ。







・関連記事
リンク1リンク224thシングル選抜 AKB48じゃんけん大会結果 選抜入り全16人

リンク1リンク2【AKBじゃんけん大会結果】篠田麻里子が初センター奪取! 初の前田敦子不在シングル誕生へ

リンク1リンク2前田敦子が初戦敗退!初の選抜もれでエース不在シングルに AKBじゃんけん大会


前田敦子が初戦敗退!初の選抜もれでエース不在シングルに AKBじゃんけん大会

k978_maeda_atsuko

人気アイドルグループ・AKB48が20日、東京・日本武道館で24thシングル(12月発売)を歌う16人のメンバーを決める『第2回じゃんけん大会』を行い、エースの前田敦子(20)は秋元才加(23)との初戦で敗退。この瞬間、24thシングルはAKB48初の“絶対的エース不在”のシングルとなることが決まった。

ブルーのミニワンピースで登場した前田に対し、秋元は剣と盾、赤いマントという鎧姿にハイヒールという扮装で登場し「女戦士のコスチュームできました。センターをとります」と宣言。敗れた前田はパーをそのまま口にもっていき、いつものくしゃっとした笑顔で「ガチの勝負ですから、さやかに最後まで勝ってもらうしかない。がんばれ~」とエールを送った。

(ORICON STYLE 9月20日)



昨年の同大会では選抜16人中ギリギリの15位で勝ち残り、2006年2月のインディーズデビュー以来、全シングルで選抜されてきた前田は、シングル選抜連続記録が「24」でストップした。







・関連記事
リンク1リンク2【AKBじゃんけん大会結果】篠田麻里子が初センター奪取! 初の前田敦子不在シングル誕生へ


24thシングル選抜 AKB48じゃんけん大会結果 選抜入り全16人一覧

順位 名前(所属)


【優勝】篠田麻里子(チームA)
【準優勝】藤江れいな(チームK)


【ベスト4】
小林茉里奈(AKB研究生)初選抜
峯岸みなみ(チームK)


【ベスト8】
秋元才加(チームK)
佐藤すみれ(チームB)
大家志津香(チームA)初選抜
前田亜美(チームA)


【ベスト16】
肥川彩愛(NMB48研究生)初選抜
梅田彩佳(チームK)
河西智美(チームB)
桑原みずき(SKE48)初選抜
小嶋陽菜(チームA)
山口夕輝(NMB48)初選抜
山内鈴蘭(チーム4)初選抜
北原里英(チームB)







・関連記事
リンク1リンク2【AKBじゃんけん大会結果】篠田麻里子が初センター奪取! 初の前田敦子不在シングル誕生へ


Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。