スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【社会】被災の沿岸7路線、復旧に1000億円 JR東日本

JR東日本の清野智社長は5日の定例記者会見で、東日本大震災で大きな被害を受けた沿岸部の在来線について「地震前の状況に戻すのに1000億円強かかる」と述べ、早期復旧に向けた政府支援の必要性を改めてにじませた。
高台などに路線を変更する場合には「さらに金額が増える」(清野社長)とみている。

(読売新聞7月5日)



津波の被害を受けた在来線は常磐線、仙石線、石巻線、気仙沼線、大船渡線、山田線、八戸線の7路線で、現在も延べ約350キロで運転を見合わせている。


沿線自治体は線路を内陸部に移すことを含めた新たな街づくりを議論している。路線を変更すれば、新たな用地買収やトンネル建設などが必要になる。


スポンサーサイト

復興担当相の後任に平野達男氏 

菅直人首相は5日午後、一連の失言などの責任を取って辞任した松本龍震災復興担当相の後任に、平野達男震災復興担当副大臣(内閣府副大臣)の起用を決めた。
平野氏は首相の要請を承諾。防災担当相も兼務する。後任の震災復興担当副大臣は平野氏と相談の上、速やかに決める方針。



枝野幸男官房長官は5日の記者会見で、平野氏起用の狙いについて「震災前は国家戦略担当の内閣府副大臣として、震災発生以降も(被災者の)生活支援の実務の中心を担い、大変活躍した」と指摘。首相が行政の継続性と力量を重視したと強調した。また、平野氏が被災地の岩手県選出の議員であることも考慮したことを明らかにした。




・関連
松本龍復興相が辞任 就任9日、被災地問題発言で引責


トリンドル玲奈がふかわりょうとコラボで歌手デビュー!

異色すぎるタッグです。


トリンドル玲奈がふかわりょうとコラボで歌手デビュー!

日墺(オーストリア)ハーフの現役慶大生モデルで、バラエティー番組でも人気のトリンドル玲奈(19)が母校の先輩タレント、ふかわりょう(36)と“異色タッグ”を組み、歌手に初挑戦することが4日、分かった。

ふかわのクラブDJ名義とのコラボ「ROCKETMAN feat.トリンドル玲奈」として、20日に配信限定シングル「LOVE DISCO」を発売する。

サンケイスポーツの取材にトリンドルは「もともとバイオリンを習っていたので、音楽は好きだったし、やりたいなと思ってました」。ふかわはその隣で「世間的には思いつかない(タッグ)ですよね」とテレ笑いだ。

(サンケイスポーツ7月5日)



同曲を作詞、作曲したふかわから「曲ができたときに彼女の顔が浮かんだ」と依頼を受け、6月1日にレコーディング。が、トリンドルは前日まで自身がメーンボーカルとは知らなかった。


「夜に慌てて母とカラオケに行って練習したんですけど、力を入れて歌っていたら母から『自然に歌った方が曲に合う声が出るよ』と言われたんです」と明かすと、ふかわは「お母さんのひと言がありがたかった。ささやくような歌声で、曲の世界にハマりましたね」と絶賛した。


6日にレコチョクで着うたが先行配信され、20日に東京・表参道GROUNDで記念イベントを開催。トリンドルは「本当にこの曲に出会ってよかった」と感謝しきりだった。



どんなミュージックビデオになるのかにも注目です。




航空自衛隊・那覇基地所属F15戦闘機が墜落か 僚機と訓練中に

5日午前10時45分ごろ、海上自衛隊から第11管区海上保安本部(那覇市)に航空自衛隊那覇基地所属のF15戦闘機から遭難信号を受信し、探索機で現場を確認したところ海面上に煙と油を確認したと情報が入った。
現場は沖縄県の伊江島灯台北西約140キロ付近で、11管は墜落したとみて巡視船3隻を現場に派遣、海自や空自とともに確認を急いでいる。

(MSN産経ニュース7月5日)



航空自衛隊・那覇基地所属F15戦闘機が墜落か 僚機と訓練中に 画像

空自によると同日午前10時半ごろ、航空自衛隊那覇基地所属のF15戦闘機が同基地の北西約180キロの東シナ海上空を飛行中、レーダーから消失した。戦闘機には川久保裕二3等空佐(37)が搭乗していたが、安否は不明。同機は那覇基地を午前10時ごろに離陸、ほかの戦闘機数機と訓練中だったという。





B型の三原じゅん子議員激怒「血液型のせいにするな!」

松本龍復興対策担当相(60)が東日本大震災の被災地の岩手、宮城両県を訪問した3日、「知恵を出さないやつは助けない」などと発言。
会見の様子はテレビで放送され、その“威圧的”な態度と口調に、野党からは「暴言以外の何物でもない」、民主党内からも「容認できない」と批判が相次いだ。松本氏は4日、「被災者を傷つけたということがあれば、おわび申し上げたい」と陳謝したが、辞任については否定した。

自民党の三原じゅん子参院議員(46)が4日、自身の公式ブログで松本氏の一連の“暴言”にかみついた。「何県に何市があるかは勉強しましょうよ! それくらいは私にだって出来ますよ」と批判。
また4日の釈明会見で、「私はちょっとB型(血液型)で短絡的なところが…」と言ったことに、「暴言を血液型のせいにするなんて失礼ですよ。私もB型ですから」とB型代表として怒りをぶつけた。

(サンケイスポーツ)


Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。