スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日産カルロス・ゴーン社長の報酬は9億8200万円 1億円アップで連覇確実

日産自動車の定時株主総会が29日午前10時に始まった。総会の中でカルロス・ゴーン社長は、2011年3月期の役員報酬が、約9億8200万円だったことを明らかにした。

業績好調を受け、日本企業で最高額だった10年3月期の約8億9100万円から約1億円アップ。同期の開示開始以降で初めての10億円の大台を突破はならなかったが、“連覇”が確実視されている。

(MSN産経ニュース6月29日)



2011年3月期に取締役9人に支払った報酬の総額が約16億7800万円で、大半をゴーン社長が占めた。28日に公表し、11年3月期の最高額となったソニーのハワード・ストリンガー会長の約8億6300万円を抜いた。ゴーン氏は全額が現金なのに対し、ストリンガー会長は、現金が約3億4500万円、ストックオプションが権利行使した場合の理論値で約5億1800万円だった。


報酬1億円を超える役員の個別開示は10年3月期に義務づけられたが、11年2月期までの1年間でゴーン社長が最高額だったが、今年もトップとなる可能性が高い。


スポンサーサイト

EXILE・ATSUSHIがソロデビュー 自ら作詞作曲の楽曲「いつかきっと…」で

今までソロでの楽曲発表がなかったのが不思議!?
待ちに待ったソロデビューが決定した。


EXILEのATSUSHI(31)が、初めてソロ名義で楽曲を発表することが28日、分かった。自ら作詞作曲を手掛けた「いつかきっと…」で、7月スタートのテレビ朝日ドラマ「陽はまた昇る」(木曜午後9時)の主題歌に決定した。EXILEとしてデビューして10年。曲の発売は未定だが、グループ活動と並行し、「ソロデビュー」することになった。

(日刊スポーツ6月29日)



$気になるあの言葉・あのニュース!大辞典-ATSUSHI

ATSUSHIが「EXILE ATSUSHI」の名義で初めて楽曲を発表する。EXILEのメンバーは、グループ活動を軸に俳優や司会に挑戦するなど、ソロでの活動も積極的に行っている。ATSUSHIもグループ活動と並行して、ドキュメンタリー番組のナレーションや、番組企画でのソロライブに挑んできた。デビュー10年を迎えた今回、自身が最も大切にしている「歌」で勝負することが決定した。


テレビ朝日ではATSUSHIがソロ楽曲を発表する計画を聞き、いち早く「陽はまた昇る」の主題歌の書き下ろしを依頼した。ATSUSHIは脚本を読んだ上で作詞、作曲を手掛け、希望への決意を込めたバラードを完成させた。配信やCD発売は未定だが、ドラマ主題歌での「ソロデビュー」となる。


ATSUSHI 今の時代に自分が何を感じ、どんな希望をもって生きていくのかという意思表示と、決意の曲でもあります。こんな時代だからこそ、今ありのままの自分を見つめ直し、そして素直に自分自身を受け入れ、そして『いつかきっと』、そのすべての答えが見つけ出せる、希望の曲になっています。


ドラマは俳優佐藤浩市(50)と三浦春馬(21)の共演で、警察学校を舞台に教官と訓練生のぶつかり合いと成長を描く。同局の黒田徹也プロデューサーは「訓練に耐え一人前になっていく学生たちがATSUSHIさんの男くささと優しさあふれる歌声で包み込まれていくのが想像できました」と曲を依頼した経緯を説明。さらに「完成した曲を聴いて本当に感動しました。ATSUSHIさんの『いつかきっと…』に、ドラマの中で出会ってみてください」とコメントしている。





願いの塔(AL2枚組+DVD2枚組)
amazon.co.jp
今年、AKBに次いで売れているアルバムです。

カゴメCMの野菜シスターズ、キャベツの高橋みなみ「去年より人間らしく」

カゴメCMの野菜シスターズ、キャベツの高橋みなみ「去年より人間らしく」 画像

アイドルグループ、AKB48が28日、都内で開かれたカゴメ「野菜一日これ一本」の新キャンペーン発表会に出席した。

5人のメンバーが、昨年よりも夏らしくバージョンアップした野菜風の衣装で登場。高橋みなみ(20)がキャベツ、峯岸みなみ(18)が小松菜、高城亜樹(19)がクレソン、前田亜美(16)が白菜に扮してキュートな魅力をふりまき、高橋は「去年はキャベツそのものだったけど、キャベツがスカートになって人間らしくなりました」と微笑んだ。

(サンケイスポーツ6月29日)



発表会はニコニコ動画で生中継され、メンバーが即興CMを披露して盛り上げた。30人のメンバーが出演する新CMは7月2日から放送。




・関連
リンク1リンク2カゴメCM出演のAKB48「野菜シスターズ」に新メンバー5人加わる!


【テニス】シャラポワ、美しさ際立つ勝利 危なげなく4強入り/ウィンブルドン

テニスのウィンブルドン選手権第8日は28日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、女子シングルス準々決勝で第5シードのマリア・シャラポワ(ロシア)がドミニカ・チブルコバ(スロバキア)を6-1、6-1で退け、5年ぶりに4強入りした。

$気になるあの言葉・あのニュース!大辞典-シャラポワシャラポワは鋭いリターンでチブルコバのサービスゲームを2セットで計6度もブレークした。過去に2度敗れている相手を圧倒し「この試合に勝つために求められていることができた」と自賛した。

2008年に右肩を痛めた影響もあり、準決勝進出は5年ぶり。「ここまで戻ってくるのに本当に一生懸命取り組んだ。でも、これがゴールではない。前進し続ける」と、17歳で優勝した04年以来2度目のタイトルを見据えた。





AKB48のライバル誕生!「乃木坂46」結成 一般公募でメンバー決定後、9月に発足

かの有名な音楽プロデューサー・つんく♂さんも「アイドルが独り勝ちしている時は、アイドル市場が停滞している」と言った。
現在アイドル界を独走しているAKB48を脅かす存在が必要ということで…。


人気アイドルグループ・AKB48の総合プロデューサー・秋元康氏公認の新グループ・乃木坂46(ノギザカフォーティーシックス)が結成されることが28日、わかった。同グループは、SKE48やNMB48、SDN48など、姉妹グループとは異なる“AKB48公式ライバル”としてアイドル活動を行い、メンバーは7月20日より開催されるオーディションによって決定する。

$気になるあの言葉・あのニュース!大辞典-乃木坂46乃木坂46は、秋元氏とソニーミュージックが手を組みプロデュースが行われ、グループ名の「乃木坂」は最終オーディションを予定している会場「SME乃木坂ビル」に由来し、「46」は「AKB48より人数が少なくても負けないという意気込み」(秋元氏)という意味で名付けられた。

(ORICON STYLE 6月29日)



一般公募によるオーディションは、7月20日より第1次審査(書類)、8月6日と7日に全国7ヶ所(札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡、沖縄)で第2次審査(面接)が、同月20日と21日に最終審査(実技)が行わる。初期メンバーは20人程度が予定されており、合格者は10月からテレビ地上波で放送予定のバラエティー番組に出演し、ソニー・ミュージックレコーズよりCDデビューが決定している。


なお、オーディション情報や今後の活動については、公式サイトで随時発表される。



AKBの“ライバル役”までこしらえようという秋元康さんの先見に、感嘆のため息が出てきそうです。
この乃木坂46まで軌道に乗ってしまっては、結局秋元康さんの独走には変りない訳です。
もうひとりのアイドル知将、つんく♂さんはどう出てくるか。






Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。