スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【芸能】ドラマ視聴率 初回は「JIN」が20%超えでぶっちぎりトップ 「遺留捜査」と月9が続く

民放の11年4月期のドラマがほぼスタートした。27日までの初回平均視聴率は、大沢たかおさん主演のSF医療時代劇の続編「JIN-仁-」(TBS系毎週日曜午後9時)が23.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)でトップ。上川隆也さん主演の刑事ドラマ「遺留捜査」(テレビ朝日系毎週水曜午後9時)が17.0%、人気グループ「SMAP」の香取慎吾さん主演の“月9”ドラマ「幸せになろうよ」(フジテレビ系毎週月曜午後9時)が 16.4%と続き、「JIN」が頭一つ抜け出している。天海祐希さん主演の刑事ドラマの続編「BOSS」(フジテレビ系毎週水曜午後10時)は16.3%で4位発進だった。

(毎日新聞4月30日)



「JIN」は、村上もとかさんのSF医療マンガが原作。大沢さんが演じる大学病院の脳外科医だった南方仁が、幕末の江戸時代にタイムスリップしてしまい、満足な医療器具や薬もない状態で人々の命を救う中、坂本龍馬ら幕末の英雄と知り合って歴史の渦の中に巻き込まれていく……というストーリー。続編は、多くの謎を残したまま終了したため賛否両論を巻き起こした前作のその後が描かれている。


今期は、09年の放送で20%を超す最高視聴率を記録した「JIN」と「BOSS」の“続編対決”が、放送前から視聴者の興味を集めていた。第2 回の放送は「JIN」が18.4%で首位を守り、「BOSS」は15.5%で2位に浮上、「遺留捜査」も14%と高視聴率をキープした。「遺留捜査」は、前期にあたる11年1月期に、水谷豊さん主演の人気シリーズ「相棒 シーズン9」(テレビ朝日系)が期間平均視聴率20.3%(元日スペシャル含む)という高視聴率を記録しており、同じ枠で刑事ドラマが続いたため継続して視聴していると推測される。初回視聴率5位は相武紗季さん主演のラブコメディー「リバウンド」(日本テレビ系水曜午後10時)で14.3%を獲得した。



やはりJINが強いですね。
今期のドラマの多くは主演が40歳オーバーが占めていて、「演技派」らによるクールとなっている。
その中でも相武紗季主演の「リバウンド」が“意外”にも検討しているのが目立つ。
若手代表として、リバウンドには一矢報いてほしい。




JIN―仁― 1

スポンサーサイト

【経済】風評被害防止へ日米協力 外相会談 経済界、復興へ支援

訪米中の松本剛明外相は29日夕(日本時間30日朝)、クリントン米国務長官と国務省で約30分間会談した。福島第一原発事故に伴う日本産食品や日本製工業品の輸入制限などの風評被害に日米が協力して対応する方針で一致した。

(朝日新聞4月30日)



松本氏は会談後の共同会見で「まずは風評被害を防ぎ、サプライチェーン(部品などの供給網)としての日本の役割への懸念に歯止めをかけることに焦点をあてて協力を進めていく」と説明。「日本を訪れて観光、仕事をしていただきたい。日本の製品を買っていただきたい」と訴えた。


これに対しクリントン氏は、日米が復興に向けて協力する「官民パートナーシップ」に関連し、「日米経済界が日本政府の復興計画を支援する」と指摘。風評被害で打撃を受けている日本産業を後押ししたい考えを示した。


松本氏は会見で、東日本大震災復旧をめぐる米国の協力に対し「トモダチ作戦を展開していただいた米軍の方々、早くから被災地に入っていただいた救援隊の方々、原子力の専門家の方々、私たちはこの力強い支援を決して忘れることはできない」と謝意を表明した。


会談では、中国や北朝鮮の情勢についても意見交換。今年前半に予定される菅直人首相の訪米の前に、次回の外務・防衛担当閣僚会合(2プラス2)を開くことを確認した。


松本氏は会見で、次回の2プラス2について「震災における日米協力も含めて、日米同盟、協力の深化が大きなテーマだということも共通の認識だ」と説明。新たな日米の共通戦略目標や、沖縄の米軍普天間飛行場の移設問題などを幅広く議論するという。


【社会】「ニッポン、営業中です」 英字紙に外相、訪日など訴え

ニッポンは通常通りオープンしています――。松本剛明外相は30日の国際英字紙インターナショナル・ヘラルド・トリビューンに記事を寄稿し、「日本の復興にとって最大の支援は、皆さんがこれまで通り日本を訪れ、日本の優れた製品を買ってくれることだ」と呼びかけた。
松本氏は「大気中の放射線量は徐々に減少している」「日本全体ががれきに覆われていると思っているなら、間違いだ」などと説明し、「世界中からの支援を糧に、日本はさらに活力ある国に生まれ変わることを約束する」と強調した。

(朝日新聞4月30日)



映像でしか確認できないと思わぬ誤解を生むことがありますからね。
このように、日本国内の雰囲気や詳細説明を発信していくことは重要ですね。


Africa / TOTO

TOTOってトイレじゃないですよ。



Africa / TOTO



Africa



アメリカのロックバンドTOTO(トト)が1982年に発売したアルバム『TOTO IV(聖なる剣)』に収録されている楽曲である。
同アルバムは、グラミー賞でレコード・オブ・ザ・イヤーやアルバム・オブ・ザ・イヤーといった主要部門も含む6部門を受賞。
その中でも同曲は、シングルとしても全米1位に輝いたヒット曲である。
多くのアーティストにカバーされ、日本では小室哲哉プロデュースのユニットTRUE KiSS DESTiNATiONがカバーした。


Africa(アフリカ)というタイトルの通り、アフリカの広い大地を喚起させる曲です。


TOTOにはメインボーカルがいますが、このAfricaでは普段キーボードのデヴィッド・ペイチが歌っています。
というのも、メインボーカルと呼べる人がいるだけで、TOTOは曲によってボーカルが変わる事が多いのです。
TOTOはスタジオミュージシャンらによって結成されたバンドなので、ボーカルも演奏技術も層が厚いのです。




エッセンシャル・TOTO

【読めるかな】熱り

「熱り」読めますか?


ヒント
・ほ○○り




正解は…





熱り【ほとぼり】


熱り【ほとぼり】とは



意味

[名]
①消えずに残っている熱さ。余熱。
②事件などに対する興奮や関心などがまだ残っていること。



使用例:
事件の熱りが冷めるまで、発言は控えておこう。




「熱りが冷める」という形で使うことが多いと思われます。


熱りを「ほてり」と読んでしまう方もいるかもしれませんが
ほてりは「火照り」と書きます。


Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。